車えび販売販売について

久米島漁協では、「活車えび」と「活〆冷凍車えび」の2種類を販売しています。

・活車えび

その日にとれたものを新鮮そのままお届けします。
活車えびは低温処理のもとオガクズの中で冬眠状態にされています。
箱から取り出したら手早く水洗いして下さい。
氷水に5~10分つけるとおとなしくなり、調理しやすくなります。

くるまエビinザル

・ 活〆冷凍車えび

「活〆冷凍車えび」は通常の冷凍車えびではありません。
通常の冷凍えびと違い解凍後に刺身で食べることができます。
当日水揚げした生きた車えびを真空パックし、フローゾン液で急速凍結にて-30℃瞬間凍結しています。
細胞内の水分をほぼ原形のままに凍結することにより、ドリップが極小し食品のうまみ成分を逃さず、
生のままと変わらないみずみずしさを維持できます。
お刺身等(生)で食す場合は、直前に流水解凍し、お早めにお召し上がり下さい。
一度開封して冷凍保存した場合は、加熱してお召し上がり下さい。

エビパック画像
購入ページはこちらから FAXでの注文はこちらから

必要事項をご記入の上、メールまたはFAXにてご注文お願いいたします。

ご不明な点等ございましたらお気軽にご連絡ください。

TEL:098-985-8216 / 8:30〜17:30(土日祝・休)